ドリル、釘打ち機

ドリル、釘打ち機を買い取る際のポイントを紹介。

下記に紹介するポイントを買い取りや処分の時の参考にしてください。

まずは電話かメールにて
お気軽にご相談ください。

簡単LINE査定

ドリル、釘打ち機を売る前に確認したいこと

  • ・メーカー名
  • ・商品名、型番
  • ・販売年月日

上記を買い取り依頼する前に抑えておくとよいでしょう。

粗大ゴミ扱いになり、廃棄だけでもお金がかかりますので、廃棄を考えている方はぜひ査定してみてください。

型番は本体裏側にシールで貼ってあることが多いので確認しましょう。
あまり動かさない商品のため、埃などによる経年劣化が目立つ商品です。
査定前にご自身で綺麗にクリーニングをすることをおすすめします。

個人様、法人様関係なく買取可能ですので、業務用などの大型商品もぜひ査定してみてください。
100台単位の大量の査定であっても対応いたします。

ドリル、釘打ち機の種類

電動ドリルには下記のような様々な商品があります。

  • ・コード付きドリル
  • ・コードレスドリル
  • ・ドライバードリル
  • ・インパクトドライバードリル
  • ・振動ドリル
  • ・ハンマードリル

様々な種類のドリルが発売されていますので、査定のドリルはどのような商品かを把握しておいてください。
中でも、「マキタ」「日立工機」「ボッシュ」などの人気メーカーのものは高額買取の可能性があります。
「リョービ」「MAX」「ヒルティ」なども買取金額が高くなっております。

ドリル、釘打ち機を高く売るには?

付属品がきちんと揃っているものの方が買取価格は高くなるので、査定前に付属品の有無を確認しておきましょう。
取扱説明書の他にも、ケーブルなども一緒に査定に出すと査定額が高くなる可能性があります。

また、商品状態の良いものの方が査定額が高くなりますので、自身でのクリーニングが査定価格に影響します。
表面、背面を固く絞ったタオルで拭き取り綺麗にしておいてください。

日焼け対策も重要となるので、保管の際は陽の当たりやすい場所を避けるのが良いです。
汚れをこまめに拭き取るなど、普段からのメンテナンスも大切です。

高額査定を見込めない場合でも、複数査定・他の電動工具と一緒に査定に出すことで
査定額が高くなる可能性があります。

新しい製品も次々と発売されているので、型落ち前に早期売却するのも高額買取のカギです。

まとめ

ドリル、釘打ち機を売る時のポイント

  • ・メーカー名
  • ・商品名、型番
  • ・販売年月日
  • ・付属品の有無

この辺りを確認して、実際に査定に出す前に綺麗にお手入れしておきましょう。
保存状態の良い商品であるかが高額買取のカギです。

買取例

  • HILTI TE500-AVR

    ¥13,750

※2020年1月現在

まずは電話かメールにて
お気軽にご相談ください。